2020年9月20日日曜日

越後側に聳える兎岳、越後沢山、八海山、越後駒ヶ岳などを合わせた山々は、標高僅かに七、八千尺に過ぎないけれど、人里遠いことにおいては日本一である



越後側に聳える兎岳、
越後沢山、
八海山、
越後駒ヶ岳などを合わせた山々は、
標高僅かに七、八千尺に過ぎないけれど、
人里遠いことにおいては日本一である。
その山々から滴りでて、
深い渓の底の落葉を潜り、
陽の眼を見ないで奔下する水であるから、
真夏になってからでも、
朝夕は身に沁みる冷たさを覚えるのは、
当たり前であろう。

―佐藤垢石― 『利根の尺鮎』より