ラベル 写真 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 写真 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2017年5月12日金曜日

魚沼里山散策 鍬形城登山口

GWに実家の魚沼を訪れ、自宅裏の里山を散策してきました。

子どもの頃、しょっちゅう裏山に遊びに行っていたのですが、それから数十年経過し、山が掘削されてアスファルトの道路ができていたりして、山の光景が変わっていました。

子どもの時代に通った山道がなくなってしまったこともあり、山道での方向感覚がなくなり、グルグルと山の中をさまようことに。

山の奥のほうに、三国街道があると聞いていたので、三国街道にでて堀之内に下りることになってしまったのかも……と思ったのですが、なんのことはない、下りてみたらスタート地点に戻ってきていました。

2時間近く歩いたのに、元の場所に戻ってきたとは……。


まさに、きつねに化かされたような、お釈迦様の手のひらで遊ばされていたような不思議な気分になりました。

そんな、浦山散策の様子を写真と共にお伝えします。


十二大山神
十二大山神
登りはじめて、すぐのところに、十二大山神の石碑が!
いままで、全く気付きませんでした。

魚沼は十二山神が多く祀られているそうですが、すぐ近くにも祀られていてビックリ。

八海山信仰と十二山神社の関係性

里山入口
里山へと入る道です。千と千尋のワンシーンのようです。
以前は、道のわきに鯉を養殖している池がいくつもありましたが、いまは池はなくなっています。



左ショウジョウバカマ 右カタクリ
チャワンバナ

ゼンマイ



山には段々畑のあとがいくつも残っていました。
綺麗に田畑が作られていましたが、現在は雑草が多い茂り、田が放置されていることがわかります。


砂防ダムが何基も建設されていて、そのための工事用道路がとおっているので、歩きやすかったです。
山道と工事用道路が交差して、枝分かれした道が途中いくつもあったので、別の機会に道を辿ってみたいと思いました。


歩いているとき、突然ザザザザっと突風が吹き、バサバサと水滴が落ちてきたのでビビりました。
風の又三郎のようでしたよ。
通り雨かと思いましたが、木々についていた水滴が落ちてきたのでしょうね。


山には神様がいるという感じがわかるような気がした一瞬でした。




マムシ草
その後、一度、里山を降りて、夕刻別ルートに妹と一緒に足をはこんでみました。


我が家より、浦佐寄りにある山で、戦国時代、城があったということです。


上田長尾氏守りの城で、現在は秋葉神社が祀られています。


城山入口付近には、不動明王と明神様が祀られていて、写真にある「マムシ草」がいっぱい咲いていました。


今回は登山口を探すため、様子見できたのですが、妹は散策の血が騒いだのか、サンダルで山を登ろうとしました。


登山口に砂防ダムと沢があり、沢を越えなければいけないようですから、準備を整えて改めて登らせていただくことにしました。


途中、急な山道をコモにいっぱい山菜を積んだ、おばあさんが降りてきました。


おばあさんに、城山入口付近にある不動明王と明神様について質問したところ「お稲荷さんが祀られている」と教えてくださいました。


お不動さんと明神さんのほうかに、お稲荷さんもいらっしゃるのですね。


「山の上にはなにがありますか?」ときいたところ「ゼンマイ」との答えがかえってきました。


妹は、城があることを外部の人に悟られないように「何があるのか?」と聞かれたら、ゼンマイや蕨といった山菜があると答えるようにと、代々伝わっているのだろうと冗談まじりに言っていましたが、あながち、嘘ではないかもしれませんね。


見張りの城であったようですから、秘密裏にしていたのかもしれません。


私たちが子どものころは、この鍬形城がある山までは遊びに行っていいけれど、それより先には行ってはいけないと親から言われていました。


見張りの場であった、鍬形城ですが、やはり鍬形城の先は見晴らしが良くなり、地形が大きく変わる感じがあります。


場が変わる、手が行き届かなくなるということで、その先に出るなということで、親は申し伝えていたのでしょうね。


鍬形城への登山。草が伸びないうちに行ってみたいと思います。





2017年5月2日火曜日

ゼンマイもみ



ゼンマイを揉んでいるトヨジイの写真です。
干しゼンマイを作ります。

ゼンマイ(薇)は、シダ植物で、若芽を食用としています。
土から顔を出したときは、葉っぱがカタツムリの殻のようにぐるぐると巻かれた状態。

グルグルに巻かれている葉は、ワタ状の繊維で覆われていますが、ゼンマイが成長していくと、ワタが落ちて葉が広がります。

ワタが葉を守っているのでしょうね。
ワタがとれて葉が開いてしまったものは食用に向きません。
昔は、このワタを集めて、真綿と混ぜ込んで紡いでいたそうです。

ゼンマイは「男ぜんまい」と「女ぜんまい」があり、ワタの中の葉が丸く膨らんでいるのが男ぜんまいで、ぺったんこが女ゼンマイ。

どちらも食用として食べられますが……男ゼンマイは採りません。
子どもの頃、男ゼンマイを採って、トヨジイに怒られました。

男ゼンマイを採ると、ゼンマイが再生しないので採ってはダメなのだそうです。
あと、女ゼンマイのほうが美味しいそうです。

ゼンマイが食べられるまでになるようには、何工程もの手間が必要となります。
ワタをとって、茹でて、水をきって、ムシロに広げて天日干しします。
写真は天日干ししているゼンマイを手でグルグルともんでいる様子。

手もみを日になんどか繰り返し、乾燥するまでゼンマイを干します。
手もみをするのは、乾燥したときにゼンマイが折れてしまうから。

食べるときは、水にいれて茹でてもどして使います。
山菜は食物繊維豊富でお通じにも良いと言われています。

山の恵みに感謝ですね。

2017年4月17日月曜日

魚沼に咲く山野草

魚沼の山々にも春が訪れました。
雪解けに咲く、山野草たちを、妹が写真を撮って送ってくれました。

今日は、野に咲く花たちの写真をアップさせていただきます。


チャワンバナ(白)





チャワンバナ(紫)




ショウジョウバカマ&蝶


カタクリ



マンサク

スポンサードリンク