ラベル 平ヶ岳 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 平ヶ岳 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2016年11月24日木曜日

2017年カレンダー 9月 平ヶ岳のイラスト

2017年9月カレンダー平ヶ岳
2017年9月のカレンダーイラストは、魚沼市と群馬県みなかみ町の境界にある「平ヶ岳」(2141m)。
平ヶ岳はその名の通り、山の頂が平らな形をしています。

山頂には大小さまざまな池塘を有する湿原が広がり、池ノ岳近くの稜線上に玉子のような形をした丸くて大きな岩が立っています。
奇岩「玉子石」は下の部分が浸食され、台の上に玉子が乗っているような珍らしい形の石です。

玉子石のある場所は、山頂へと向かう途中、姫の池での分岐道の先にあります。右へ向かうと玉子石、左が山頂。
山頂へ向かう途中の道に玉子石があると思われ、見落としてしまう方もいるようですので、道標チェックをお忘れなく。

平ヶ岳への登山口の一つは、奥只見シルバーラインを通って向かう鷹ノ巣。そして、中ノ岐登山口から登る裏ルートも有名です(裏なのに有名)。

銀山平の「湖山荘」さんでは、宿泊者で登山希望者が人数集まれば、中ノ岐登山口まで送迎してくれるサービスを行っています。

一人で登るのが不安な方や、ガイドが必要な方は別途料金を支払うと、地元ガイドの方が平ヶ岳を案内してくれますよ。
降雪の関係もありますので、日程などは「湖山荘」さんのホームページで確認してくださいね。


湖山荘さんといえば、子どもの頃よく遊びに行かせていただきました。
湖のほとりにお宿があった頃ですね。御宿の中には、魚拓がたくさん飾られていましたね。
両親が連れて行ってくれたのですが、焼き魚をいただいたり、ボートに乗ったりした記憶があります。

ボート……。

降りるときによそ見をしていて、湖にドボンしたことがあります。とにかく、恥ずかしかったです。


話しを、平ヶ岳に戻しましょう。

なぜ、平ヶ岳の山頂が平なのか。山頂に敷かれている木道の先に、その理由が掛かれた木看板が設置されています。

大白沢山、巻機山、会津駒ヶ岳など平ヶ岳をとりまく山々の山頂にも平坦なところがある。
このような地形は、古い平坦な土地が隆起し、浸食される以前の地形を今にとどめていると考えられ、太古の昔、平ヶ岳は大平原の一部だったことが思いおこされる。

環境庁・中越森林管理署・新潟県


近年、積雪量が減ってきていることもあり、平ヶ岳の湿地も乾燥化しているそうです。


2017年カレンダーは、A4サイズにプリントアウトして使用できます。 
フリー画像です。どんどん使ってくださいね(*^_^*)

スポンサードリンク