ラベル 石仏のイラスト の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 石仏のイラスト の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2017年4月30日日曜日

米山講について 米山の石仏のイラスト 






今日のイラストは、柏崎市にある米山の下牧林道コースにある石仏です。

米山は新潟県柏崎市にある標高993mの山です。
奈良時代の和銅5年(712年)に泰澄大師により開山され、農業神、病気平癒の神として、多くの人々の信仰の対象とされています。

その頂上に「薬師如来」を祀るお堂があり、古くから信仰の山でした。
近隣はもちろん、地方からも大勢参拝者が訪れたそうです。

登山ルート途中には、十二神将が祀られている薬師堂があります。


越後の米山薬師は、九州日向の「法華嶽薬師(ほっけだけ)」・三河の「鳳来寺薬師(ほうらいじ)」と並んで日本三大薬師の一つとして知られている。

薬師如来は、この世の病苦を取り除いてくれる仏様である。
如来のなかで、薬師如来だけが薬の入った壷を持っている。

薬師様は十二神将を従えており、薬師十二神将とも呼ばれ、其の役目は薬師如来の手助けと、如来を信仰する人々を守護すると言われている。

参照:山頂案内板より



八海山信仰と十二山神社の関係性、でも触れさせていただきましたが、八海山の本地仏は薬師如来で、薬師如来の眷属は十二神将です。

そして、行者が八海山信仰を広めたと言われており、新潟県は十二山神社、十二神社が多くあります。

八海山には霊神碑が多く残されているのですが、米山近辺では「米山塔」という石塔が多く見られます。

これは、米山信仰をする「講」の方々が、米山薬師如来の分身として作ったものです。

「講」の説明が難しいのですが、グループ的な感じですよね。
昔だと、毎月ある日にちに集まり、経文をとなえるなどした後、食事を楽しみながら語り合う。

江戸時代には、庚申講というのがあり、庚申の夜に村人が集まって神を祀り、会食をしながら徹夜で夜を過ごすという風習がありました。

これは、庚申の日の夜に人が眠った後、人間の体にいる虫が閻魔大王に日頃の行いを報告しにいくということから、庚申の日は寝ないで過ごすという言い伝えからきています。

「講」は近隣の人々の社交の場であり、情報共有の場だったのでしょうね。


※米山は5月28日に山開きが行われ、山開き登山が行われるそうです。

詳しくはこちらの記事をご覧ください⇒柏崎市 米山の山野草 米山山開き登山





スポンサードリンク