ラベル 名言 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 名言 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2020年8月3日月曜日

それら一連の山岳は、 一種の霊気を帯びて、 人の心に迫ってくる



目指す槍ヶ岳の尖峰は、
屹然と中空に聳え、
鋸歯状に輪廓を刻んで、
左手穂高岳へ連り、
右手はゆるやかに延びて、
双六、鷲羽、野口五郎、烏帽子、蓮華、などの諸岳となり、
大気澄む日には、
遙かに白馬岳をも遠望される。
そして高瀬川の峡谷を距てて、
深い山襞に雪を含んでる、
それら一連の山岳は、
一種の霊気を帯びて、
人の心に迫ってくる。

―豊島与志雄―

2020年8月2日日曜日

2020年8月1日土曜日

越中側の斜面には高山植物が多いから、 若返って信濃の国の詩でもつくるのだ



今年の夏は鹿島槍に登ろう。
大沢を出てマヤクボで泊り――これは三時間位で登れるが、天幕を張っておいてから針ノ木岳あたりで遊ぶのだ――次の日は棒小舎乗越ぼうごやのっこし泊どまり。
ここには野営地がある。
次の日は爺を登ってツベタに出、
午後は雪解けの池に棲むハコネサンショウウオを追いまわして遊ぶ。
翌日は鹿島槍、
これもゆっくりやる。
越中側の斜面には高山植物が多いから、
若返って信濃の国の詩でもつくるのだ。

―石川欣一―

2020年7月31日金曜日

日本で一番名高いのは「越の白山」と古歌に詠まれた加賀(飛騨にも跨またがる)白山(二六八七米突メートル)である



雪と山との合体から、
雪の色が山の名になってしまった例はすこぶる多い。
日本で一番名高いのは「越の白山」と古歌に詠まれた加賀(飛騨にもまたがる)白山(二六八七米突メートル)である。

―小島烏水―

2020年7月30日木曜日

庚神の祭神が猿田彦だというのは大いに当てにならないことで、 この祭神の正体が判明する時は、 古代日本の正体がよほど判明した時だ



庚神は猿田彦を祀ったものだという説もある。
宇治には北向庚神をはじめ七ツの庚神があるそうだ。
このことは鮓久の先々代のメモによって知ったのである。
しかし、庚神の祭神が猿田彦だというのは大いに当てにならないことで、
この祭神の正体が判明する時は、
古代日本の正体がよほど判明した時だ。

―坂口安吾― 小説『安吾・伊勢神宮にゆく』

2020年7月29日水曜日

2020年7月28日火曜日

大嫌いな自分でも愛せるような、 どんな自分でも愛せるような神様みたいな自分になるしかないじゃない



これが自分なんだから、
これが私なんだから仕方ないじゃない。
そんな自分でも、
自分なんだから好きになるしかないじゃない。
大嫌いな自分でも愛せるような、
どんな自分でも愛せるような神様みたいな自分になるしかないじゃない。

―千石撫子― 『物語シリーズ』

2020年7月27日月曜日

2020年7月26日日曜日

学生さんに御願いして、 到着する老若男女、 登山客一人一人に「お疲れさま。」と挨拶をすることを御願いした



学生さんに御願いして、
到着する老若男女、
登山客一人一人に「お疲れさま。」と挨拶をすることを御願いした。
挨拶をしながら相手反応を観察して、
高山病の疑いが登山者には気楽に診療所に来ていただけるように、
2005年の事件直後から診療費を無料にした。

―三浦裕― 名古屋市立大学蝶ヶ岳ボランティア診療班運営委員長

※高山病症状は標高2500mを超えたころから出現する。蝶ヶ岳は標高2677m。

2020年7月25日土曜日

天気って不思議だ、 ただの空模様に、 こんなにも気持ちを動かされてしまう



天気って不思議だ、
ただの空模様に、
こんなにも気持ちを動かされてしまう。

―帆高― 映画『天気の子』

2020年7月24日金曜日

山に会いにゆく、 それ以上に、 この山にいる人々に会いたい



山に会いにゆく、
それ以上に、
この山にいる人々に会いたい。

―樋口明雄― 小説『北岳山小屋物語』

2020年7月23日木曜日

2020年7月22日水曜日

一足跳びに山の頂上にあがるのも、 一歩一歩としっかりと登ってゆくのも、 結局は同じこと



一足跳びに山の頂上にあがるのも、
一歩一歩としっかりと登ってゆくのも、
結局は同じこと。
むしろ一歩ずつ登るほうが途中の草木や風物を見ることができるし、
一歩一歩を慥かめてきたという自信をつかむことができる。

―山本周五郎―

2020年7月21日火曜日

2020年7月20日月曜日

あの山は薬草の宝庫。なぜか日本原産でない南蛮薬草が、二、三あるらしい



あの山は薬草の宝庫。
なぜか日本原産でない南蛮薬草が、二、三あるらしい。

―加藤廣― 『伊吹山薬草譚』について

2020年7月19日日曜日

2020年7月18日土曜日

こいつとだったら生まれ変わってもいいや



こいつ(ハグロトンボ)とだったら生まれ変わってもいいや。

―昆虫先生 香川照之―

2020年7月17日金曜日

人を遊ばせるための観光施設も必要であろうが、それにもまして重要なのは、より多くの人が事務や利害をこえて知りあう機会をもつことである



人を遊ばせるための観光施設も必要であろうが、
それにもまして重要なのは、
より多くの人が事務や利害をこえて知りあう機会をもつことである。
そいうことのために観光ということばの内容と意味がかわってくるように望んでやまない。

―宮本常一―

2020年7月16日木曜日

この山巓の岩組を 雲がきれぎれ叫んで飛べば 露はひかってこぼれ 釣鐘人参(ブリューベル)のいちいちの鐘もふるへる



あやしい鉄の隈取りや
数の苔から彩られ
また捕虜岩(ゼノリス)の浮彫と
石絨(せきじゅう)の神経を懸ける
この山巓の岩組を
雲がきれぎれ叫んで飛べば
露はひかってこぼれ
釣鐘人参(ブリューベル)のいちいちの鐘もふるへる

―宮沢賢治―

2020年7月15日水曜日

これは日本の特産でありすなわち一つの国粋花でもある



六、七、八月の候に野外でよくこれを見受けるが、
この花をヒルガオそのものとすれば誰でも成るほどとうなずくのであろう。
そして中国、否、アジア大陸にはこの品はなく、
これは日本の特産でありすなわち一つの国粋花でもある。

―牧野富太郎―