ラベル 本の紹介 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 本の紹介 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2020年12月2日水曜日

昼と夜との区別もない、 長い長いやみの世界になってしまいました



すると女神は日の神さまでいらっしゃるので、
そのお方がお姿をお隠しになるといっしょに、
高天原も下界の地の上も、
一度にみんなまっ暗がりになって、
それこそ、
昼と夜との区別もない、
長い長いやみの世界になってしまいました。

―鈴木三重吉― 『古事記物語』より

2020年9月7日月曜日

みんなで、"守ろう”としているからやろうな――


「何で――誰も破らへんの?」
という素直な疑問を大輔は優先した。
「そうやなあ」
ふたたび、例の「モダン焼き」の調子で、
幸一は手のひらをあてた。
「みんなで、"守ろう”としているからやろうな――」

―小説『プリンセス・トヨトミ』より―

2020年8月25日火曜日

ぐみの実、 草いちごの実、 おもひでがあまりに多い

 



いぬころぐさを活ける、
去年をすぐおもひだす、
おどり子草も咲いてゐる、
すぐまた一昨年のことをおもひだす。
……
ぐみの実、
草いちごの実、
おもひでがあまりに多い。

―種田山頭火― 『其中日記』より

2020年8月23日日曜日

しょってゐるのはみな野葡萄の実にちがひありません



夕方です。
向ふの山は群青のごくおとなしい海鼠のやうによこになり、
耕平はせなかいっぱい荷物をしょって、
遠くの遠くのあくびのあたりの野原から、
だんだん帰って参ります。
しょってゐるのはみな野葡萄の実にちがひありません。
参ります、参ります。
日暮れの草をどしゃどしゃふんで、
もうすぐそこに来てゐます。
やって来ました。
お早う、お早う。

―宮沢賢治― 小説『葡萄水』より

2020年8月21日金曜日

神は帳面を持っていて、その神の帳面には、僕達がした人には知れない悪事も善事もみんな記録してあるのだ


『太宰さん、神は在りますか?』って云うんだ。
僕はまじめに『僕は在ると思う。若もし神が無かったら、僕達が人知れずした悪事は誰が見ているのだ。』と叱咤して、
『神は帳面を持っていて、その神の帳面には、僕達がした人には知れない悪事も善事もみんな記録してあるのだ。』

―小山清― 小説『メフィスト』より

2019年1月8日火曜日

りんごかもしれない




りんごかもしれない。

ヨシタケシンスケさんって知ってる?

2018年末。久しぶりに会った友だちから、聞かれました。

ヨシタケシンスケさん、知っていますか?

子どもに大人気の絵本の作者さんだそうです。

友だちいわく「淡々とした文章に、さらっとした漫画のようなタッチの絵が書いてある」とのこと。

でも。

子どもたちに大人気で、学校の図書館ではヨシタケさんの絵本シリーズが、貸し出しの順番待ちでなかなか借りられないというのです。

気になりました。ヨシタケシンスケさん。

そこで。

2019年年明け。ヨシタケシンスケさんの絵本を読んでみました。

【りんごかもしれない】


テーブルの上に置いてある1つのりんご。このりんごについて、男の子がいろいろと考えます。
これはりんご。でももしかしたら、りんごじゃないかもしれない……。

ヨシタケさんのさらっとした漫画のようなタッチの絵が、男の子の想像を描き出します。

単純であるようでいて、奥が深く。哲学チックな絵本です。

さて。

じつは、もう一冊。2018年末から読んでいる本があります。

【結局、人生はアウトプットで決まる】


書店のビジネス書コーナーで
「マイクロソフト伝説のプログラマーが明かす」
「AIが職を奪う時代のセルフブランディング」
の帯に心引かれ購入。

Windows95、Internet Explorer3.0/4.0、Windows98のソフトウェアの基本設計・設計思想を生み出すプログラマーを務めたソフトエンジニアリングの中島聡さんの著書です。

こちらの著書の中に、中島さんが小学校のときは国語が嫌いで、文章を書くのが下手だと思い込んでいたというエピソードが書かれています。

作文や読書感想文で「自分で見たこと、感じたことを素直に書きなさい」と言われると、子どもたちは本音を書いても○がもらえないと察し

「空気を読み、なるべくウソにならないように本の内容や遠足での出来事をだらだらと書きつらねた挙句、最後に「面白かった」などという陳腐な言葉が量産されることになります」本文より抜粋。

中島さんは、作文の授業で子どもたちに出すべき課題として「情報を伝える描写力を求める内容」(文字数を制限した上で)をあげています。

りんごを見たことがない人に、りんごとはどういうものかを説明する内容などですね。
※本文ではランドセルについての説明が例文として掲載されています。

ヨシタケシンスケさんの絵本では、男の子がりんごについて「かもしれない」という考えで自由に発想を広げています。

中島さんの書籍では、感想文や作文を書くとき、子どもたちが「何を感じたかというセンスで自分が評価されるのではないか」という不安を抱き、多くの子どもたちがたぶん「良い成績を取るために感想をでっち上げる」という行動に走っている(仮説)と書かれています。

ここで今日のOTIです。

ヨシタケシンスケさんの絵本が子どもたちに今大人気。

子どもたち。発想の羽を広げているのかな? どんな、作文や文章を書くようになるのか、ちょっと楽しみではないですか?

子どもたちは、未来を感じて、ヨシタケシンスケさんの絵本を選び、中島さんのおっしゃるような文章の書き方を実践するベース作りをしているのかもしれませんね。

AIに奪われない、セルフブランディング。

感覚的に世界や未来に通じる道を見抜き、自分で舵取りをしながら新世界に進んでいるのでしょうね。

感想文でっち上げ犯の私が言うのもなんですが(笑)