ラベル 手書き の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 手書き の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2020年12月5日土曜日

When one door closes, another opens

 



When one door closes, 
another opens; 
but we often look so long and so regretfully upon the closed door that we do not see the one which has opened for us.

―Alexander Graham Bell―

ひとつのドアが閉まると、別のドアが開く。

2020年12月2日水曜日

昼と夜との区別もない、 長い長いやみの世界になってしまいました



すると女神は日の神さまでいらっしゃるので、
そのお方がお姿をお隠しになるといっしょに、
高天原も下界の地の上も、
一度にみんなまっ暗がりになって、
それこそ、
昼と夜との区別もない、
長い長いやみの世界になってしまいました。

―鈴木三重吉― 『古事記物語』より

2020年11月29日日曜日

A man has a choice, and the choice is what makes him a man



I tried to believe it was born in me, 
and that I,
I couldn't help it. 
But that'snot so. 
A man has a choice. 
You used to say that was where he was different from an animal.
You see,
I remember. 
A man has a choice, 
and the choice is what makes him a man.
You see,
I do remember.

―Cal Trask― 『East of Eden』

人は選べる。
自分次第で何にでもなれる。

2020年11月24日火曜日

2020年11月23日月曜日

2020年11月21日土曜日

In the presence of eternity, the mountains are as transient as the clouds



In the presence of eternity, 
the mountains are as transient as the clouds.

―Robert Green Ingersoll―

永久の時間の中では、山は雲のように一時的なものだ。

2020年11月19日木曜日

2020年11月18日水曜日

又我国の八海山は巓に八ツの池あり、 依て山の名とす



又我国の八海山は巓に八ツの池あり、
依て山の名とす。
絶頂に八海大明神の社あり、
八月朔日を縁日とし山にのぼる人多し。
此夜にかぎりて竜燈あり、
其来る所を見たる人なしといふ。
およそ竜燈といふものおほかたは春夏秋なり。

―鈴木牧之― 『北越雪譜』より

2020年11月16日月曜日

Oomph and a hoomph and a double-de-oomph!



ねずみが ねこを ひっぱって、
ねこが いぬを ひっぱって、
いぬが まごを ひっぱって、
まごが おばあさんを ひっぱって、
おばあさんが おじいさんを ひっぱって、
おじいさんが かぶを ひっぱって……
うんとこしょ
どっこいしょ
やっと、かぶは ぬけました

―A.トルストイ― 『おおきなかぶ』より

2020年11月15日日曜日

青いくるみも吹きとばせ すっぱいかりんも吹きとばせ



どっどど どどうど どどうど どどう
青いくるみも吹きとばせ
すっぱいかりんも吹きとばせ
どっどど どどうど どどうど どどう

―宮沢賢治― 『風の又三郎』より

2020年11月14日土曜日

If I had six hours to chop down a tree, I’d spend the first four hours sharpening the axe.



If I had six hours to chop down a tree,
I’d spend the first four hours sharpening the axe.

―Abraham Lincoln―

もし、木を切り倒すために6時間与えられたら
私は最初の4時間を斧を研ぐのに費やす。

2020年11月11日水曜日

この鳥が啼けば雨が降るからというのは、 実際は降りそうになると啼くことを意味するのであろう



会津の飯豊山麓では、
啼声によってマメコロバシという名もあるが、
普通にはこれをアマゴイドリと呼び、
この鳥が啼けば雨が降るからというのは(『耶麻郡誌』)、
実際は降りそうになると啼くことを意味するのであろう。

―柳田国男― 『野鳥雑記』より