ラベル 植物の謎 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 植物の謎 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2016年12月28日水曜日

竜胆の根を使ったチョコレート 竜胆のイラスト



今日のイラストは「竜胆(りんどう)」です。
リンドウ科リンドウ属の多年生植物。

竜胆の根は生薬として使われていて、竜胆の根から作られた生薬は「熊の胆」よりさらに苦いので、竜の胆とよばれ、竜胆となったようです。

また、竜胆にはもうひとつ名前があり、昔は疫病草(えやみくさ)と呼ばれていたと言います。

漢字を見ると、疫病とあるので、竜胆が原因の疫病が流行ったのかと思いましたが、逆でした。

えやみ=疫病を止める、という意味だそうです。
もうひとつの説として、根があまりに苦いので、根を舐めると「笑み」が止まるので、えやみ草となったというものがあります。

竜胆の根には、胃液分泌を促進して胃腸の機能を高める働きや、解熱作用、リウマチ、冷え症などを緩和させる働きがあるとされています。
ただ、疫病を止めるほどの効果はないと言われています。

また、日本の竜胆とは違うのですが、フランスのジュラ地方では「ゲンチアナ」というリンドウ科の植物の根を使った、薬草種があるそうです。

ジュラ地方の人たちは、19世紀からゲンチアナの根を使った薬草酒を飲んでいたそうです。

このフランス東部のジュラ地方には、直系一族だけで100年以上も手作りショコラを作っている名門ショコラトリーがあります。

その名は「イルサンジェー」。

100年以上も前のレシピを現在も守り続け、一子相伝でのショコラを作っています。
レシピ本を開くことを許されているのは、イルサンジェ一族の当主のみ──。

そんなイルサンジェーのショコラ、じつは東京でも販売されているのですよ!
フランスからの直輸入。

神宮前にあるおしゃれなブティックでショコラを味わうこともできますし購入も可能。
ただし、完全事前予約制。

10セットから500セットまでの「おまとめ買い」にも対応してくれます。
※500セット以上希望の場合も相談に乗ってくださるようです。

バレンタインに買いたいな、気になるなという方は、メールや電話で問い合わせてみてください。

はっ! 話がそれた!

なぜ、イルサンジェーのショコラの話になったかを書いていませんでした(汗)

話しを戻します。

ショコラティエのイルサンジェーの代々当主たちも、竜胆の薬草酒を好んでいたと言います。

チョコも古来から薬として重宝されていた食べ物。
その2つにヒントを得て、イルサンジェーは2016年秋に竜胆の根を使った限定ショコラ「ラシーヌ・カレ」を販売しました。

竜胆の根はフランス産を使用。
チョコレートは「ガナッシュ」と、アーモンドパウダーを使ったマジパンの2層仕上げ。

数量は50個限定で、10月31日販売だったから……ごめんなさい、もう終わっていますね。

でも、バレンタインのチョコレートは予約できますよ。
気になる方は、イルサンジェーのサイトへGO!


いやぁ、魚沼工房っぽくない感じの、おしゃれな内容でしたが、いかがでしたでしょうか?
たまには、おしゃれなのもいいですか……ね?(*^_^*)

2016年12月27日火曜日

汚染物質を吸収蓄積する植物 ハイパー・アキュミレーター植物について シラタマノキのイラスト



今日のイラストは「シラタマノキ」です。
ツツジ科の常緑小低木で、白い実をつけます。
似ているもので「雪晃木」という植物もあります。

宮城県、秋田県、岩手県の3県またがる栗駒山(標高1626m)の周辺には「シラタマノキ湿原」があり、シラタマノキが保護されているそうです。
シラタマノキ湿原はツンドラ湿原とよばれる泥炭層で、コケからできた鉄分を多く含む泥炭からなり、学術的に貴重な場所といいます。

シラタマノキは「比較的乾燥した場所に生える」というのですが……。
栗駒山のシラタマノキ湿原は湿原。
あれ?乾燥していないのでは?

調べてみましたが「岩石帯や砂礫地などやせた地に生息してる」という記述も見かけました。
群馬県の浅間高原にもシラタマノキが群生しているとのこと。

湿度ではなく、土の性質に関係するのかな? と思って検索しましたら。

「火山地帯の硫黄分の強い土地でも育つ」そうです。
シラタマノキはツツジ科の火山性植物と書かれていました。

磐梯山にもシラタマノキ自生地があるようで、
日本自然保護協会に、火山と植物の自生に関する、詳しい記述がありました。

⇒「伝えよう火山の恵みと美しさ

シラタマノキの実をつぶすと、サリチル酸の匂いがします。
サリチル酸臭って? サロメチールの匂いですね。
シラタマノキの仲間は葉っぱや実に、サリチル酸メチルを多く含んでいます。

植物は生育環境が変わったり、昆虫や病原菌の害を受けたりすると、自分を守るために独自の防御策をとります。

環境の変化にはアブシジン酸、虫に食べられないためにジャスモン酸、病原菌の感性を防ぐためにサリチル酸を生合成し、ストレスに耐えるためのタンパク質を合成します。

シラタマノキは身を守るために、サリチル酸を生合成したのでしょうかね?
火山が関係しているのでしょうか?

植物の中には汚染されている土壌や金属類が多く含まれる土地を好んで生息するものがいて、汚染物質を吸収する植物のことを「ハイパー・アキュミレーター植物」と呼ぶそうです。

ハイパー・アキュミレーター植物」は、他の植物が育たない環境に生息します。
これは、子孫を残すための生き残り作戦。

国立環境研究所発行の「国環研ニュース26巻」に、
生物圏環境研究領域生態遺伝研究室主任研究員の玉置雅紀の研究ノート
「毒を貯める植物 −植物はなぜ重金属を貯めるのか?−」が掲載されています。

こちらに、ハイパー・アキュミレーター植物のことが詳しく書かれていました。

シラタマノキにある成分「サリチル酸」は植物が病原菌の二次感染を防ぐために自ら作り出している成分ですが、害虫に対する防御目的もあるとのこと。

北米に自生するアブラナ科の植物スタンレヤ・ピナータは、土壌汚染物質であり金属の一種でもあるセレンを高蓄積するハイパー・アキュミレーター植物

この、スタンレヤ・ピナータはセレンが含まれていない土壌に育った場合でも、エチレン・ジャスモン酸とサリチル酸の合成を通して、害虫から身を守るための防御タンパク質を生産するそうです。

ちなみに、セレンがある土地に育っているスタンレヤ・ピナータは防御タンパク質を作りません。

防御タンパク質を作らないほうが、生育が良くなる(セレンがある土地に育っているほうが)と言います。

ハイパー・アキュミレーター植物、すごいですね。

シラタマノキもハイパー・アキュミレーター植物なのでしょうか?
植物の世界は奥が深いですね。

最後に、みんなに自慢できちゃう、プチ情報を!

ヤナギの樹皮は、古来痛み止めとして用いられていました。
これは、ヤナギの成分サリシンが人の体内に入ると、サリチル酸に変化し抗炎症作用を著すからなんですって。

あ、知っていました? それは、失礼しました。

スポンサードリンク