2020年10月12日月曜日

もと七倉岳は、この山の北少し東に在る山で、北葛岳・乗鞍岳等の別名があった



最低の鞍部は針ノ木峠と北南に相対する不動堀沢岳
(近時の大町の案内や人夫は之を七倉岳と呼んでいるようであるが、もと七倉岳は、この山の北少し東に在る山で、北葛岳・乗鞍岳等の別名があった)
の西にあるくびれ目で、
二千百八十米であるから、
立山山脈の南半とは、
最高に於て少しく劣り、
最低に於て少しく優っているが、
二千六百米以上の平均高度を有する事は互に同じである。

―木暮理太郎― 『黒部峡谷』より

2020年10月11日日曜日

蓮華にいたる後立連峰を前後に見て、 とても他では求められぬ雄大な眺望でした



特に赤牛岳往復は三ツ岳、
五郎岳と薬師岳を両側に見、
黒岳から遠く槍、
穂高連峰―東鎌―笠ヶ岳等と五色ヶ原より立山連峰、
白馬から針ノ木、
蓮華にいたる後立連峰を前後に見て、
とても他では求められぬ雄大な眺望でした。

―加藤文太郎― 『単独行』より

2020年10月10日土曜日

はあはあ息だけついてごまかしながらいつまでもいつまでもそのぶなの木を見上げて立ってゐるのでした




風がどうと吹いてぶなの葉がチラチラ光るときなどは虔十はもううれしくてうれしくてひとりでに笑へて仕方ないのを、
無理やり大きく口をあき、
はあはあ息だけついてごまかしながらいつまでもいつまでもそのぶなの木を見上げて立ってゐるのでした。

―宮沢賢治― 『虔十公園林』より

2020年9月22日火曜日

わたくしは中門前の池の傍を通つて、 二月堂への細い樹間の道を伝ひながら、 古昔の精神的事業を思つた



わたくしは中門前の池の傍を通つて、
二月堂への細い樹間の道を伝ひながら、
古昔の精神的事業を思つた。
さうしてそれがどう開展したかを考へた。

―和辻哲郎― 『月夜の東大寺南大門』より

2020年9月21日月曜日

白い芽の痕が多く上に出たものを勝ちとして種子のとりつこをするのである



木の実どちといふのは国の遊びで、
椿の種子のあるきめられた形のもののうちからいくつかを択んでめいめいが同じ数だけ出しあひ、
それをいつしよにしてひとりづつかはるがはる両手のなかでふつてから畳のうへにあけてみて、
白い芽の痕が多く上に出たものを勝ちとして種子のとりつこをするのである。

―中勘助― 『銀の匙』より

2020年9月20日日曜日

越後側に聳える兎岳、越後沢山、八海山、越後駒ヶ岳などを合わせた山々は、標高僅かに七、八千尺に過ぎないけれど、人里遠いことにおいては日本一である



越後側に聳える兎岳、
越後沢山、
八海山、
越後駒ヶ岳などを合わせた山々は、
標高僅かに七、八千尺に過ぎないけれど、
人里遠いことにおいては日本一である。
その山々から滴りでて、
深い渓の底の落葉を潜り、
陽の眼を見ないで奔下する水であるから、
真夏になってからでも、
朝夕は身に沁みる冷たさを覚えるのは、
当たり前であろう。

―佐藤垢石― 『利根の尺鮎』より

 

2020年9月19日土曜日

何の花ぞと問ふと大理牙(ダリヤです)と答へたるをそのまゝ花の名としたのだと



白井博士教示に天保十三年初めて輸入され、
初めは蘭名ラノンケルで通用したが、
葉花共にやや牡丹に近いゆゑ天竺牡丹と俗称したと、
舶上花譜に出づと。
今年紀元節号「日本及日本人」に、
山内嵒氏いはく、
雲南の大理府はこの草の原産地で、
外国人はじめてこの花を広東で見た時、
何の花ぞと問ふと大理牙(ダリヤです)と答へたるをそのまゝ花の名としたのだと。

―南方熊楠― 『きのふけふの草花』より

2020年9月18日金曜日

小鳥の眼のやうな、 つぶらな赤い実が揺れ、 厚ぼつたい葉が揺れ、 茎が揺れ、 そしてまた私の心が微かに揺れてゐる……



小鳥の眼のやうな、
つぶらな赤い実が揺れ、
厚ぼつたい葉が揺れ、
茎が揺れ、
そしてまた私の心が微かに揺れてゐる……

―薄田泣菫― 『まんりやう』より

兎岳の尾根が東に延びて灰ノ又山となって、 それから北に行って荒沢岳となって、 更に東に延びている



兎岳の尾根が東に延びて灰ノ又山となって、
それから北に行って荒沢岳となって、
更に東に延びている、
この山脈と中ノ岳、
駒ヶ岳の山脈の間を流れているのが、
只見川の支流の北又川である

―高頭仁兵衛― 『平ヶ岳登攀記』より

2020年9月16日水曜日

こちとらには池塘春草の夢、 梧の葉の秋風にちるを聞くまでは寧ろ醒めずにいつまでもいつまでも酔っていて、 算盤ずくで遊山する了見にはなりたくないもの



世は已に醒めたりとすましていられる人は兎も角、
こちとらには池塘春草の夢、
梧の葉の秋風にちるを聞くまでは寧ろ醒めずにいつまでもいつまでも酔っていて、
算盤ずくで遊山する了見にはなりたくないもの、
江戸ッ児の憧憬はここらにこそ存っておるはずであるのに……。

―柴田流星― 『残されたる江戸』より

2020年9月15日火曜日

枝折峠の嶺上を去ると荒沢岳が前面に現われて来る



枝折峠の嶺上を去ると荒沢岳が前面に現われて来る、
路は一方下りとなって駒と中ノ岳が右に残雪を光らしている、
峠を下り尽くすと銀山平の地となるのである

―高頭仁兵衛― 『平ヶ岳登攀記』より

2020年9月14日月曜日

銀山平や、 六十里越、 八十里越あたりの連山に眼を移せば、 旅にいて、 さらに旅心を唆られるのだ



破間川と魚野川の合流点の、
秋草に満ちた広い河原から南東を眺めた山々のただずまいはほんとうに美しく荘厳である。
八海山と駒ヶ岳に奥会津に近い中ヶ岳が三角の顔をだして、
山の涼しさを語っている。
銀山平や、
六十里越、
八十里越あたりの連山に眼を移せば、
旅にいて、
さらに旅心を唆られるのだ。

―佐藤垢石― 『瀞』より

2020年9月13日日曜日

秋は森羅万象が静寂の中に沈潜してゐる



秋は森羅万象が静寂の中に沈潜してゐる。
空は底深く澄み、
太陽は冷めて黄ばみ、
木の葉は薄く色づく、
野末を渉る風さへも足音を秘めて忍び寄る。
かゝる自然の環境の中に咲く秋草もまた自ら周囲に同化するのであらう。
かすかに伝ひよる衣ずれの音。
そこはかとなく心に染むそら薫もの。
たゆたひ勝ちにあはれを語る初更のさゝやき。
深くも恥らひつゝ秘むる情熱――
これらの秋は日本古典の物語に感ずる風趣である。

―岡本かの子― 『秋の七草に添へて』より