ラベル 飯豊山 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 飯豊山 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2016年11月26日土曜日

2017年カレンダー 11月 飯豊山のイラスト

2017年11月カレンダー飯豊山

2017年11月のカレンダーは「飯豊山」(2105.1m)。
飯豊山は新潟県、福島県、山形県にまたがる大山。地図上では福島県にかかっていないように見えるのですが……飯豊山付近を拡大してよく見てください!

新潟県と山形県の県境付近、三国岳から御西岳にかけて、細い川のように福島県があるのです。喜多方市の形をチェックしてみてね♪

なぜ、福島県県境がへその緒のような形になったのか?

その理由は、飯豊山にありました。

明治の廃藩置県後、飯豊山付近の地域は新潟県に編入されました。

けれど、福島県側の方たちは、古来より飯豊山を神々が座す山として大切にしていたのです。

飯豊山南峰には飯豊山神社が祀られ、飯豊山地そのものがご神体として崇拝されていました。
飯豊山へ登るということが、神聖な行いなのです。

廃藩置県で飯豊山付近が福島県から切り離され、新潟県に編入されることに飯豊山神社の麓宮がある一ノ木村の人たちは反発しました。

大切なお宮が他県になってしまうのですから、当然ですよね。

この県境問題は国を巻き込んでの大問題に発展し、決着がつくまで20年以上かかったのです。


詳しくは、飯豊山麓地域振興協議会のホームページに記載されています♪


さて、飯豊山の名前の由来は諸説あるようですが──。
福島県会津地方では「いいとよさん」とも呼び、雪化粧した山容が飯を豊かに盛った様子に見えることから、この名がついたとされる。
wiki先生が教えてくれた、この由来が個人的に一番好きです。

飯豊山の雪解け水は、稲作や生活用水となり、貴重な水源として里の人たちをうるおしてくれているのでしょう。
だからこそ「豊」と「飯」という漢字がついているのだと思いました。



2017年カレンダーは、A4サイズにプリントアウトして使用できます。 
フリー画像です。どんどん使ってくださいね(*^_^*)

スポンサードリンク