ラベル 浅草岳 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 浅草岳 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2016年11月18日金曜日

2017年カレンダー 3月 浅草山のイラスト

2017年3月カレンダー浅草岳


2017年3月のカレンダーです。描かれている山は「浅草岳」です。 
越後山脈に位置し、旧入広瀬村と福島県の只見町とにまたがる山。第四紀火山だが、噴火活動期が約170万年前~150万年前と相当古いため、侵食が進み火口は確認されない。標高1,585.5m。越後三山只見国定公園に属する。

浅草岳は鳥が羽をひろげたような姿で、一見するとなだらかに見えますが、それは新潟県側からの姿。福島県側は険峻な様子が。


浅草岳につらなる鬼ガ面山も、新潟県側から見ると穏やかなのに、福島県側からは一変してかなり険しい様相に! その名の通り、鬼の面のようです。
落ちたら……やばいよ、デンジャラスゾーン!

検索しておりましたら、糸魚川にも鬼ケ面山があるようですね。そして近くに駒ケ岳も!

新潟県側と福島県側で、なぜ、山の形が大きく変わっているのか?


浅草岳付近の鳥瞰図を見て納得。
山の稜線の内側(福島県側)が、火山の火口の様になっていました。
鬼ガ面山の 爆裂火口壁というのだそうです。 
浅草岳、福島県側は成層火山の円錐形の形状が認められる北側、北西側の斜面と非対称な山容となっている。

という記述が! で……成層火山ってなんだ!? 
成層火山(せいそうかざん)とは、同じ火口から複数回の噴火があり、溶岩や火山砕屑物などが積み重なって形成された円錐状の火山を指す。
どうやってできた山なのか、興味が出て調べたのですが、調べきれませんでした(涙)
浅草岳と鬼ガ面山、興味深い山ですねぇ。
地球の歴史を感じる! 大げさ……。

プチメモ:浅草岳はヒメサユリの自生地として人気があります。

2017年カレンダーは、A4サイズにプリントアウトして使用できます。 
フリー画像です。どんどん使ってくださいね(*^_^*)


スポンサードリンク