ラベル 昆虫のイラスト の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 昆虫のイラスト の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2016年12月8日木曜日

カマキリのイラスト カマキリは大雪を予想するのか!?


今日のイラストはカマキリとコスモス……かな?

ここ最近「雪が降ったよ~」というお知らせを聞きます。

昔から、カマキリが高い所に産卵すると、その年は大雪になるというように言われています。

カマキリは秋に産卵するのですが、その年の積雪を予測して、雪がかからない高さの枝に産み付けるというのです。

これに対して、卵のうが雪に埋まっても問題ないという話もあります。
雪に埋もれた卵のうを採取して、孵化するかどうかを調べたところ、ほとんどの卵が孵化したのだそうです。

カマキリの巣のほかにも、ナンテンやナナカマドの実が多いと大雪になるといった言い伝えもありますね。

これらは、昔の人の先を読む知恵だったと思うのです。

あっているか、あっていないかではなく。そういう言い伝えもあるのだと思いながら、自然を観察するのが大切なのではないかなと感じます。

なにかしらの変化が起こるとき、自然はヒントを出してくれています。
虫の知らせとも言いますしね。

数十年前まで、私の実家は魚野川の氾濫で、頻繁に床上浸水していました。河川改修が行われたので、現在は違いますが──。

雨の様子や川の様子を見て、車を山に移動させたり、1階の家電製品を2階に持って行ったりしていました。
このとき、とよじいは虫の動きも見ていました。
「蟻が家の外壁を上に向かって登っているから、水上がり(床上浸水のことですね)するぞ」ってね。

大地震の前に「キジがけたたましく鳴く」と、昔の文書に書かれています。

自然や動物、虫などの動きが「なんかへん?」と感じたら、心構えや準備をしておくといいかもしれませんね。
予測が当たらないとしても、備えあれば憂いなしです。

余談ですが……。
子どもの頃、私の部屋の作り付けの本棚に、優曇華の花が咲いたことがありました。
カゲロウの卵です。

これが咲くと、家が滅びるとかいって、とよじいときよこに、えらい叱られました。

幸いにも、家は存続しています。ありがたいです。

スポンサードリンク