2016年12月11日日曜日

カジカのイラスト 12月12日は山の神の日




今日のイラストは「鰍(かじか)」です。カサゴ目カジカ科に属する魚で、川に生息する魚です。この、カサゴ目というのを覚えておいてくださいねぇ。



さて、明日12月12日は山の神の日です。


山に住む神様が、自分のテリトリーである山の木をカウントする日と言われていて、山に入ることが禁止されている日です。


木の1本として数えられ、山から帰ってこれない、木の下敷きになるなどいいます。


林業に携わる方の中には、12月12日(一部では1月12日)には、山での作業を行わないという風習があります。

★山の神と数字「12」に関する謎についての記事山の神


山の神様は、女神様だと言われています。


嫉妬深く、美しい女性が嫌いなので、女性が山に入ることを嫌います。
美女が山に入ると、山の天候が荒れると言われています。
また、カップルで山の神社にお参りすると別れるとか、様々な言い伝えがありますよね。



山の神様が美女を嫌うというのは、どうやらイザナギ神とイザナミ神の間に生まれた、大山祇神(おおやまつみ)の娘で、木花開耶姫(このはなさくやひめ)のお姉さんである、磐長姫(いわながひめ)のお話に由来しているようなのです。



大山祇神が天照大神のお孫さんである瓊々杵尊(ににぎ)神に、木花開耶姫と磐長姫を「お嫁にもらってください」と言ったのですが、瓊々杵尊は美しい木花開耶姫をめとり、磐長姫を追い返してしまったのです。


理由は、磐長姫が美しくなかったからということ……。



その後、木花開耶姫は一夜で身ごもるのですが、瓊々杵尊は「子どもは自分の子どもではないのではないか?」と疑います。



神様のことを悪く言うのもなんですが……なかなかに、酷い男性だと思います……。


神話ですからね、いろいろな事情や(なんの事情だ!?)描写の転換などがあるのでしょう。



疑われた木花開耶姫。潔白を証明するため、産屋に入り火を放って、その中で3柱の子を無事に出産します。


この逸話から、木花開耶姫は噴火を鎮めるため、富士山本宮浅間大社に祀られたと言われています。安産の神様でもあり、子育ての神様でもあります。



木花開耶姫のお名前は「花が咲くように美しい女性」という意味があり、花は桜とされていますね。
富士山山頂から日本中に桜を蒔いたということも聞いたことがあります。



さて、大山祇神の元に送り返された磐長姫。


大山祇神は子孫の命が岩の様に永遠のものになるように磐長姫を、花のように繁栄するように木花開耶姫をという意味で二人の姉妹を瓊々杵尊の元に嫁がせたのですが……。


磐長姫を送り返したので、瓊々杵尊の寿命は短くなってしまったといいます。



美しくないということで、実家に帰されてしまった磐長姫。


ここから、山の神である女神は美女を嫌うという話に繋がるようなのです。



マタギの方も、山の神は女神として信仰していて、醜いオコゼを供物として供えると喜ぶとされていて、オコゼの干物を持って山に入ったそうです。



なつかしのアニメ「まんが日本昔ばなし」でも、オコゼと山の神の物語が描かれています。



さあ、みなさん。


今日のイラストは「鰍(かじか)」で、カサゴ目ということを覚えておいてくださいとお伝えしました。


それはなぜか……じつは!



海の魚ではありますが、オコゼはカサゴ目フサカサゴ科。鰍と同じカサゴ目なのです!


カサゴ目カジカ目とも呼ばれるようですよ。


おあとがよろしいようで(汗)。



みなさん、明日12月12日はくれぐれも、山に入らないように。


山の神に、木として数えられてしまいますからね。


スポンサードリンク